読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑巾

THE IDOLM@STERとJ(🌹)らへんのオタクによるブログ

ほんがよめない話

日常

読書は好きですか?

 

私は幼い頃、本を読むことが好きでした。

 

従姉妹が読んでいた「なかよし」を勝手に読んでいたのは幼稚園に通っていた頃。

丁寧に振ってあるルビを見て、漢字の読みを覚えました。

株式会社ラブコットンとか、シュガシュガルーンとか、かわいいな〜なんて思って眺めてました。内容覚えてないけど。

 

小学生になった頃は児童書もそこそこ読んでいたらしいです。

らしい、というのは本棚から推測できるだけであって、私自身はしずくちゃん狂信者であったことくらいしか覚えていません。

 

「__ちゃんは、三四年生向けの本も読むといいよ!」

と、母に小一の時の担任の先生は仰ったそうです。

 

その時私に与えられたのは「スプーンおばさんの冒険」みたいな本でした。あってる?

 

突拍子もなくBBAがスプーンサイズに小さくなる話だった気がします。WORKING!のかたなし君だったら大興奮でしょう。

でも、その本は読了することはありませんでした。

ただ単に飽きたからだと思います。

スゲー飽きやすい性格でしたから、仕方ないでしょうね!!

 

でも、時には友人に勧められたり、従姉妹と町の図書館に行ったり、読書を楽しんでいました。

小六のときは図書委員長をやらされたりしてましたしね。中学時代も図書委員でした

 

違和感を感じ始めたのは高校生になってからです。ま〜た高校の話かよ!!!

 

どんなに読みたかった本でも、読了することがなくなっていました。

漫画はかろうじて1回読みます、でもその後読み返すことはあったでしょうか?たぶんないです。私の中で暗殺教室はまだ秋です。

 

せいぜい読み終えることができるのはドリーム小説の短編(しかも地雷キャラもいる)というとんでもない状態に陥りました。

 

読書感想文も全部読まずに時間に追われて書きましたし、最近増えてきた「新書を読んで班ごとに意見交換する」なんて授業では

「この日までにここまで読んできて!(あと5日)」

みたいな無茶ぶりが増えた気がします。

私はそのムチャぶりに一度も応えられたことがありません。たぶんうちの学校でそれができるのはクラスに2.3人くらいじゃないですか?って勝手に思ってます。

 

おそらく「本を読む暇があるなら課題をしろ」「本を借りるならこの日までに読み終えろ」という無言の圧力が学校にこびりついているからでしょう…

 

普段なんて図書委員くらいしか本読んでなくね?とすら思えます。

 

だから最近は、

 

どうして皆そんな本読めるんですか!?!!??教えてください!!!!!!!!!!!!!!!

 

という気持ちでいっぱいです。ヒャー!

 

 

でも、思うんですけど、読書ってマジですごいと思います。

 

というのも、あるフォロワーさん(私とハンドルネームが完璧に同じ方)が仰ってたことが印象深いからです。

 

「ソシャゲとかって起動に30秒とかかかるけど本って開いた瞬間始まるからマジ神の娯楽」

 

的なお言葉です。本当はツイートを直接引用させて頂きたかったのですが、引用の仕方はわかんなかったからやめました。

 

このツイートを見た瞬間、「うあ〜〜〜激ワカリンコ〜〜〜〜〜〜!」という衝動に襲われ、ちょっと本が読みたくなりました。

 

多分平らな所じゃないとシャンシャンできない自分に疲れているんだと思います。

 

図書委員も「読書は自分の糧になる」と50000回くらい言ってますしね。

 

でもやっぱり読むの難しくて、ちんたらちんたら読んでるとあーーーー!ってなります。不思議。

 

とりあえず、一冊読んでます。

読み終えたら、感想を記事にしたいです。