雑巾

THE IDOLM@STERとJ(?)らへんのオタクによるブログ

YABAI

 

〜前回のあらすじ〜

 

 

流石にそろそろ学校行こうぜ!と担任と相談し、金曜日から復帰しよう〜!と決めた筆者だった。塾の自習室でチマチマと課題を消化しなんとかデュエルスタンバイ

 

しかしそこにとんでも腹痛マンが現れる___

 

原因はよくわかってませんが、昨日からめちゃくちゃ胃腸がやられてます。

まあ年明けに精神をやられてから食欲は落ちていたのですが…

昨日の夕方なんか、もう、文にできないレベルの有機物がトイレにて生産されました…。

後輩にその否をLINEで伝えたところ

「道に落ちてるもの食べちゃダメですよ😖💦」

との返信が…食ってないわ!

 

回復したら塾に行ったり家事をしたりそこそこ動けるし最近は精神的にもかなり安定していたので大きな痛手をしょった気分です…

スッゲ辛い…

 

この胃腸やばいマンなことはまだ母と塾の先生と後輩くらいにしか言ってませんが、担任やクラスメイトや部長からは「まあほどほどでいいからむりすんな〜」という旨のありがたいお言葉に甘えます…

 

 

進研模試どうしよう…

(受けても偏差値15くらいな気がするけど)

 

 

登校拒否なう

更新そんな頑張んなくてもいいよねって思っちゃってサボってました!ヒェア

結局学校通ってないよう!ヒェア

 

ただ、休んでいて少し気が楽になりました。

あと一年だけだし、学校通おう!って友達からキテレツな優しいLINEを貰って思うようになりました。

今は自宅で掃除したりお菓子作ったりわりかしのんきに過ごしています。

 

でも復帰に向けて、、、他にもいろいろ、、、ね!

とりあえず学習面では課題を片っ端から答え写してます。

 

というのは、塾の先生からのアドバイスがきっかけです。

実は先日、も~めっちゃグズグズ泣きながら面談に行きました。

喋った内容は大体「学校死ぬほど行きたくない!!!!!!課題しんどい!!!!!」という先日綴った記事みたいなものです。

「わからないとこあって当然だからさっさと写して片付けようぜ~~~!」という謎のテンションでの助言をいただきました。

半信半疑になりながらも答え写しをはじめました。

答え写すのっていいですね、わからない所がわかりますね。(?)

 

鬱みたいなをこじらせていましたが、課題写しマンになることで少し気が楽になったように思います。

「もっと肩の力抜いて!」という言葉もめっちゃ言われました。

 

センター受けるか知らんけど、あと一年!

(死へのカウントダウンではないと信じたい)

課題写しマンは教室復帰に向けてようやく少し動き始めました。

 

まだ時間はかかりそうですが、少しづつ進めようと思います。

 

 

インスタこわい

ひっさしぶりに外に出ました。

 

他校の友達に会うためです。

学校を休んでたので、人に会うのは久しぶりに感じました。

母親くらいしか顔を合わせてませんでしたからね…。

 

高校生合宿の企画を練って、CANMAKEの売り場を物色して解散しました。

 

今はめっちゃお腹が痛いです。たぶん昼飯を抜いたからです。友達はスパゲティ弁当を持参してました。🍝めっちゃいい匂いした

 

解散してから私はひとりで冬物の服を少し買って、帰りのバスに揺られています。

 

さいきん、インスタがめっちゃ怖くなりましたTwitterFacebookはそんなに怖くないのに!インスタを開くのが億劫になるというか、開くと精神ダメージ受けそうになります。

 

理由を自分なりに考察してみました。

リア充みがヤバいからだと思います。

というのも、投稿するのってだいたいオサレな飯かお気に入りの服かコスメじゃないですか?よほどのインスタグラマーじゃないとコスメ載せないイメージありますが。

友達が「こんな子と遊んだよ!」「こんなもの買ったよ!」というのを見ると、私は「えっ私の生活あまりにも喪女すぎね?」という衝動に駆られ、自分の私生活の中身のなさに失望します。

ましてやストーリーなんかにスタバの新作と課題のツーショットなんか載せられたらもう意味分かんねえくらい何かがしんどいです。病気?

 

この現象があまりにも頻発するので、「インスタ恐怖症」と勝手に名前をつけました。まんまですね。

 

恐れずにインスタを覗けるようなインスタグラマーになれる日は遠いと思うので、週一くらいで小倉唯さんとボイスニュータイプ公式アカウントの写真をひたすらにいいね!💕しようと思います。

 

 

ほんがよめない話

読書は好きですか?

 

私は幼い頃、本を読むことが好きでした。

 

従姉妹が読んでいた「なかよし」を勝手に読んでいたのは幼稚園に通っていた頃。

丁寧に振ってあるルビを見て、漢字の読みを覚えました。

株式会社ラブコットンとか、シュガシュガルーンとか、かわいいな〜なんて思って眺めてました。内容覚えてないけど。

 

小学生になった頃は児童書もそこそこ読んでいたらしいです。

らしい、というのは本棚から推測できるだけであって、私自身はしずくちゃん狂信者であったことくらいしか覚えていません。

 

「__ちゃんは、三四年生向けの本も読むといいよ!」

と、母に小一の時の担任の先生は仰ったそうです。

 

その時私に与えられたのは「スプーンおばさんの冒険」みたいな本でした。あってる?

 

突拍子もなくBBAがスプーンサイズに小さくなる話だった気がします。WORKING!のかたなし君だったら大興奮でしょう。

でも、その本は読了することはありませんでした。

ただ単に飽きたからだと思います。

スゲー飽きやすい性格でしたから、仕方ないでしょうね!!

 

でも、時には友人に勧められたり、従姉妹と町の図書館に行ったり、読書を楽しんでいました。

小六のときは図書委員長をやらされたりしてましたしね。中学時代も図書委員でした

 

違和感を感じ始めたのは高校生になってからです。ま〜た高校の話かよ!!!

 

どんなに読みたかった本でも、読了することがなくなっていました。

漫画はかろうじて1回読みます、でもその後読み返すことはあったでしょうか?たぶんないです。私の中で暗殺教室はまだ秋です。

 

せいぜい読み終えることができるのはドリーム小説の短編(しかも地雷キャラもいる)というとんでもない状態に陥りました。

 

読書感想文も全部読まずに時間に追われて書きましたし、最近増えてきた「新書を読んで班ごとに意見交換する」なんて授業では

「この日までにここまで読んできて!(あと5日)」

みたいな無茶ぶりが増えた気がします。

私はそのムチャぶりに一度も応えられたことがありません。たぶんうちの学校でそれができるのはクラスに2.3人くらいじゃないですか?って勝手に思ってます。

 

おそらく「本を読む暇があるなら課題をしろ」「本を借りるならこの日までに読み終えろ」という無言の圧力が学校にこびりついているからでしょう…

 

普段なんて図書委員くらいしか本読んでなくね?とすら思えます。

 

だから最近は、

 

どうして皆そんな本読めるんですか!?!!??教えてください!!!!!!!!!!!!!!!

 

という気持ちでいっぱいです。ヒャー!

 

 

でも、思うんですけど、読書ってマジですごいと思います。

 

というのも、あるフォロワーさん(私とハンドルネームが完璧に同じ方)が仰ってたことが印象深いからです。

 

「ソシャゲとかって起動に30秒とかかかるけど本って開いた瞬間始まるからマジ神の娯楽」

 

的なお言葉です。本当はツイートを直接引用させて頂きたかったのですが、引用の仕方はわかんなかったからやめました。

 

このツイートを見た瞬間、「うあ〜〜〜激ワカリンコ〜〜〜〜〜〜!」という衝動に襲われ、ちょっと本が読みたくなりました。

 

多分平らな所じゃないとシャンシャンできない自分に疲れているんだと思います。

 

図書委員も「読書は自分の糧になる」と50000回くらい言ってますしね。

 

でもやっぱり読むの難しくて、ちんたらちんたら読んでるとあーーーー!ってなります。不思議。

 

とりあえず、一冊読んでます。

読み終えたら、感想を記事にしたいです。

進学校をめちゃくちゃ辞めたい話

最近、私は、ものすごく「高校を自主退学したい」という気持ちに駆られています。

正月休みが終わってほしくない~、とか、いじめられている~、とかのそういう感覚ではなくて。

なんでかっていうと、いろいろあります。

 

 詳しい理由をお話する前に、私の高校生活から話させてもらいます。

私は某進学校に通う二年生です。

自宅から学校まで一時間バスに乗り、そこから二十分程歩いています。

バス定期は一年定期で、学割がついていても二十万円します。

朝は始発に乗るため五時半には家を出て、七時には学校で自主学習を始めるようにしています。

家に着くのは二十時くらいです。そこから夕食、入浴、そしてまた課題をします。

休日は予定がない方ですが、それでも週末課題を終わらせなければなりません。

たまーーーにジュニアリーダーやNPOの集まりに出向き、地域貢献事業を勉強したり自分たちでプロジェクトを立ち上げたりしますが、模試があれば当然そっちが優先です。

 話を戻します。

 

正直言って、耐えられなくなってきました。

息が詰まりそうなくらい。

クラスや部活の友人は当たり前のようにこなしていますが、私は期日までに量をこなすことがどうしても苦手です。

決められた時間内に、求められているクオリティで…というのをすることに対し嫌悪感は抱きませんでした。でも、その量があまりに多すぎると、逃避してしまいます。

 

例えば、クラスメートとの雑談の合間に、課題の進捗を聞かれることってありますよね。

私は溜め込んでもじっくりやってもギリギリに終わらせるタイプなので、大体終わっていません。

だから「もう終わったよ」と言われるだけで、「ああ、今までに終わらせられる時間があったんだ、なぜ私はできていないんだ、やっている意味はあるのか?」と無意識に自分を自問自答の渦に巻き込んでしまいます。

ぐるぐる考えて、「こんなのもできないなんて、失格だ」と落第のレッテルを貼ります。

 

その輪廻から逃げたいのが一つ目の理由です。

甘えかも知れませんが、自分のペースで、必要以上にせかされることなく日々の学習に取り組みたいのです。

 

また、体調をしょっちゅう崩すようになってしまいました。

医療機関を受診したら、生活バランスの乱れとストレスが原因だといわれました。

0時に寝て、四時に起きて勉強を始めるような日が何日も続いたからかな、と思います。

風邪をひいたり腹痛で動けなくなることが増え、勉強に集中できなくなったりそもそも授業に参加することも難しくなったりしました。

当たり前ですが、一度授業を休むとその分の学習は自分でやらなければなりません。

できなかったわけではないのですが、それもなんとなく苦手でした。

周囲にサボりだと思われているように思い込み、休んだ次の日に「大丈夫?」と心配して声をかけてくれる友人も、心の中では逃げた私を嘲笑しているんじゃないかと不安になることもあります。

学校に通わなくてよくなったら、もう少しだけ睡眠をとり、もう少しだけ外の空気を吸いたいです。

 

ただ、私は夢がないわけではありません。

これからもたくさんのことを吸収したい意欲はあります。

私はZ会じゃないので、勉強が嫌いではないです。

(好きかと問われると微妙かもしれませんが…)

大学へ行くための勉強は勿論、地域や経済などの社会的なこと、文章の上手な書き方やナレーションなど、たくさんのことを学び、理解し、自分の糧にしたいです。

往復3時間近くの移動時間は、もっと濃い、中身のある時間に使えるかもしれないのです。

とりあえず大検を受けて、自分なりに志望大学へ向け勉強したいです。

 

 

ネガティブな思い込みが自分の中でどんどん増えています。

最近は問題集を開いただけで、「どうせできないんだ」「こんなのもわからないからおいていかれるんだ」と考え、ボロボロ泣いてしまいます。

学校に行きたくないという旨を母に話した後も、母の意見を聞くのが怖くて号泣していました。

学校を辞めることだけがその手段ではないかもしれませんが、こんな自分を、どうにかして変えたいです。

 

とはいえ、学校はそんなに簡単にやめることはできません。

これからは父や先生とも考えながら過ごしていこうと思います。

 

私よりもずっと大変な生活を送っている人はたくさんいます。正直、我侭すぎるかもいれません。

 

でも、これが私の理想です。

 

 

 

散文すみません。読んでくれたら、嬉しいです。